コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺清先 こでら きよさき

2件 の用語解説(小寺清先の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺清先 こでら-きよさき

1748-1827 江戸時代中期-後期の国学者。
寛延元年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)笠岡の陣屋稲荷(じんやいなり)宮司(ぐうじ)。京都で卜部(うらべ)主親に吉田神道を,澄月(ちょうげつ)に和歌をまなび,菅茶山(かん-ちゃざん),頼杏坪(らい-きょうへい)らとまじわる。松岡仲良から後継者に乞われるが固辞,晩年は郷校敬業館でおしえた。文政10年閏(うるう)6月26日死去。80歳。通称は常陸介。号は楢園。著作に「三器説」,歌集に「楢園集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小寺清先

没年:文政10.閏6.26(1827.8.18)
生年:寛延1(1748)
江戸後期の国学者,神道家。通称は常陸介。号は雲斎,楢園。備中国笠岡(笠岡市)の稲荷社の祠官の家に生まれ,家職を継ぐ。若年上京して,唯一神道の宗家吉田家に入門。当時吉田家の賓師だった松岡仲良が,清先を推して自分の後任にしようとしたが,高齢の父を養わなければならないことを理由に固辞して帰郷。寛政11(1799)年,病のため祠職を長子清之に譲り,のち郷校敬業館に請われて講師となった。松岡仲良から『持授抄』の伝授を受けた。谷川士清の『日本書紀通証』を高く評価したが,いまだその奥義を尽くしていないといって『本教闡明』を著した。歌は在京時代に澄月に学び,詠歌数千首におよんだ。家集を『楢園集』という。<著作>『三器説』『国号論』など。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小寺清先の関連キーワード安部惟貞生田萬岩月白華間宮八十子西村正邦佐倉真邦桜井信景復古神道忌部坦斎鬼沢大海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone