コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿連胤 すずか つらたね

美術人名辞典の解説

鈴鹿連胤

国学者・神官。通称幸松・筑前守、号は誠斎・尚褧舎。京都生。山田以文に国学を、香川景樹に和歌を学ぶ。代々吉田神社の祠官で、家職を継ぎ、吉田神社権預・神祇権少副兼筑前守を経て、従三位に叙せられる。明治4年(1871)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿連胤 すずか-つらたね

1795-1871* 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政7年10月29日生まれ。代々京都吉田神社の神職。国学を山田以文(もちふみ),和歌を香川景樹(かげき)にまなぶ。吉田神社社殿の再建,皇陵の調査にあたり,のち著述に専念。明治3年11月20日死去。76歳。号は誠斎,尚褧舎。編著に「神社覈録(かくろく)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

鈴鹿連胤 (すずかつらたね)

生年月日:1795年10月29日
江戸時代後期の国学者
1870年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の鈴鹿連胤の言及

【神社覈録】より

…江戸末期より明治初年に活躍した神道学者鈴鹿連胤(すずかつらたね)の著。75巻。…

※「鈴鹿連胤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴鹿連胤の関連キーワード明治時代生年月日国学者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android