コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄叟景秀 てっそう けいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄叟景秀 てっそう-けいしゅう

1496-1580 戦国-織豊時代の僧。
明応5年生まれ。臨済(りんざい)宗。近江(おうみ)(滋賀県)永源寺霊仲禅英の法をつぐ。京都建仁寺,南禅寺の住持。天正(てんしょう)7年安土(あづち)宗論の判者をつとめた。天正8年11月18日死去。85歳。近江出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鉄叟景秀の関連キーワードアビス朝一向一揆日野富子石山本願寺石山石山本願寺大坂城津村別院近・現代ラテンアメリカ史(年表)アク・ナザル・ハン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone