コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄帽 テツボウ

デジタル大辞泉の解説

てつ‐ぼう【鉄帽】

鉄製の帽子。鉄兜(てつかぶと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てつぼう【鉄帽】

鉄製の帽子。てつかぶと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄帽
てつぼう

戦闘において頭部の負傷を防ぐためにかぶる金属製装具で、第一次世界大戦以降、各国正規軍で用いられている。古くは鉄兜(かぶと)とよばれた。英語ではスチール・ヘルメットsteel helmetという。小銃弾、機銃弾、砲弾や手榴弾(しゅりゅうだん)の破片、土砂などによる衝撃を避けるために、厚さ1ミリメートル、重さ0.7~1キログラム程度のものを用いる。
 形状、材質、色は各国さまざまである。材質はニッケルクロム鋼、シリコン鋼、高マンガン鋼などが用いられるが、最近では硬質プラスチック、ケブラーKevlarなどの素材が実用化されている。[寺田近雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉄帽の言及

【甲冑】より

…防護より機能が選択されたのである。第1次世界大戦で鉄帽の効果が再確認されて以来,現在でも各国軍装に採用されているし,防弾チョッキを用いることもあるが,これはもはや甲冑の名で呼ぶにはふさわしくない。中世末黄金時代の甲冑のコレクションとしては,パリのアンバリッドの軍事博物館,マドリードのアルメリア博物館のものが有名である。…

※「鉄帽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄帽の関連キーワード兵器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄帽の関連情報