コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲魚 テッポウウオ

デジタル大辞泉の解説

てっぽう‐うお〔テツパウうを〕【鉄砲魚】

スズキ目テッポウウオ科の淡水魚。全長約20センチ。体は卵形で側扁し、口先がとがり、淡灰褐色の地に6本の黒色の横帯がある。口から水を噴出させて水辺昆虫を射落として食べる。東南アジア河口域にすむ。テッポウウオ科には6種が含まれ、インド・オーストラリアにも分布アーチャーフィッシュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぽううお【鉄砲魚】

スズキ目テッポウウオ科の魚類の総称。普通は全長20センチメートルほど。体は側扁し、吻がとがる。体色は黄色みを帯び、体側に四~六本の黒色横帯がある。昆虫などを、口から水滴を速射して落とし餌とする。東南アジア・オーストラリア北部に6種が分布。アーチャー-フィッシュ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鉄砲魚 (テッポウウオ)

学名:Archerfish
動物。テッポウウオ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鉄砲魚の関連キーワードアーチャー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android