コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁州窯 じしゅうよう Ci-zhou-yao

6件 の用語解説(磁州窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁州窯
じしゅうよう
Ci-zhou-yao

中国,河北省磁県彭城鎮にある陶窯,またそこで産する陶器。起源は六朝時代にさかのぼると伝えられるが,最盛期は宋,元代で遺品も豊富に残る。以後,民間用雑器を生産して現在まで続く。製品は灰白色または卵殻色の半磁質の素地に白土で化粧掛けし,これに鉄絵具で牡丹,唐草文様などを奔放に描き,その上から釉 (うわぐすり) をかける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じしゅう‐よう〔ジシウエウ〕【磁州窯】

中国河北省磁県を中心とする陶窯。また、そこで作られた陶器およびその作風をいう。起源は宋代で、掻き落とし法で白地に黒の文様を表したものをはじめ、種類が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磁州窯【じしゅうよう】

中国,河北省邯鄲(かんたん)市近郊の磁県にあり,北宋より今日まで続いている華北最大の民窯。おもに一般庶民の使用する雑器を焼いた。製品は白化粧掛けをした素地に黒で奔放な鉄絵文様を描いたものや,白化粧もしくは,その上に塗った黒(褐)色の鉄泥を掻き落としたものなどあり,宋代のものが特に名高い。
→関連項目赤絵石黒宗麿鉅鹿鉄絵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じしゅうよう【磁州窯 Cí zhōu yáo】

中国の宋・元代の代表的な民窯。狭義の磁州窯は河北省の観台鎮,彭城鎮周辺の古窯をさすが,河北,河南,山西,山東の華北一帯で広く焼かれている。ざっくりとした陶胎に厚く白化粧を施した上に搔落しや鉄絵,三彩で文様を描いており,陶枕にとりわけ魅力あるものが多い。唐時代,河南省の鞏県(きようけん)窯,宝豊窯などで三彩,白磁,黒釉磁が生産されており,この伝統が磁州窯に受けつがれ北宋,金,元,明,清,そして今日まで日常の雑器を中心に生産を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じしゅうよう【磁州窯】

中国河北省磁県にある中国有数の窯場。また、そこで焼かれた陶器。隋代から青磁などを産したが、唐末期からのものをいい、宋代から元代にかけて盛期を迎えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁州窯
じしゅうよう

中国の代表的な陶窯で、広狭両義に大別される。狭義には河北(かほく/ホーペイ)省磁県一帯に広がる古窯址(し)をさし、邯鄲(かんたん/ハンタン)市郊外の観台鎮(かんだいちん)、東艾口(とうがいこう)村に北宋(ほくそう)(960~1127)時代のすばらしい窯址が発見されており、磁県彭城鎮(ほうじょうちん)窯は現在でも磁州窯の伝統を守っている。製品の特色は、灰白色、黄白色の陶胎に純白の化粧土をかけて透明釉(ゆう)を施す白釉陶にあり、観台鎮窯では白地黒掻(か)き落し法で文様を表す典型的な白釉陶が焼造されており、ほかに白釉緑彩、白地線彫り、白掻き落し白地鉄絵を中心とし、黒褐釉陶や緑釉陶、翡翠(ひすい)釉陶を焼き、華北の民間雑窯の象徴的存在となっている。
 一方、広義には、こうした華北陶を焼造した窯の総称である。すなわち河南(かなん/ホーナン)省を中心に、山西(さんせい/シャンシー)、陝西(せんせい/シャンシー)、安徽(あんき/アンホイ)、山東(さんとう/シャントン)、河北省と広大な地域に窯は分布しており、活動時期は晩唐(9世紀)に始まり、北宋に最盛期をつくった。窯によって起伏消長は異なるが、山東省の(しはく)窯、博山窯、山西省の平定窯、河北省の磁州窯などは現代まで存続する代表的な窯である。[矢部良明]
『長谷部楽爾著『陶磁大系39 磁州窯』(1974・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の磁州窯の言及

【陶磁器】より

… 華北諸窯でも宋代には盛んに陶磁器生産を行っている。なかでも河北省の定窯磁州窯,陝西省の耀州窯,河南省の鈞窯が名高い。華北の宋代のこれらの主要な窯は唐代に始まるといわれるが,本格的な陶磁器の焼造は北宋以降である。…

※「磁州窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁州窯の関連キーワードNBER絵高麗董西廂襄公陶枕掻き落し対応時間の法則貨郎児漢文唐詩宋詞元曲宋三彩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁州窯の関連情報