コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱税の害 こうぜいのがい Kuang-shui; K`uang-shui

1件 の用語解説(鉱税の害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱税の害
こうぜいのがい
Kuang-shui; K`uang-shui

中国,明末に鉱山の開発や商税の増徴などの過酷な収奪により,民変を激発させたこと。明朝は 16世紀末,いわゆる万暦の三大征で財政が窮迫し,それに王宮3殿の火災による再建費捻出を当面の目的として,万暦 24 (1596) 年宮廷の宦官を直接全国に派遣し,銀山開発や商税増徴の鉱監・税監とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱税の害の関連キーワード民変最前線増徴親郷阿仁[町]焦作カドミウム汚染山田復之助山本仁平礦税の禍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone