コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱税の害 こうぜいのがいKuang-shui; K`uang-shui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱税の害
こうぜいのがい
Kuang-shui; K`uang-shui

中国,末に鉱山の開発や商税の増徴などの過酷な収奪により,民変を激発させたこと。明朝は 16世紀末,いわゆる万暦の三大征で財政が窮迫し,それに王宮3殿の火災による再建費捻出を当面の目的として,万暦 24 (1596) 年宮廷の宦官を直接全国に派遣し,銀山開発や商税増徴の鉱監・税監とした。これら税監の過酷な誅求官民のたび重なる反対運動にもかかわらず,万暦帝の死 (1620) まで続き,各地で民衆が暴動を引起し,明の滅亡はこの悪政に起因するとさえいわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鉱税の害の関連キーワード明の時代(年表)紫柏真可

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android