コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀鱈 ギンダラ

大辞林 第三版の解説

ぎんだら【銀鱈】

カサゴ目の海魚。全長約1メートル。体は細長く、背は灰褐色で暗褐色の網目模様があり、腹は乳白色。背びれが二基ある。塩焼き・味噌漬けなどで食用とし、肝臓から油をとる。北太平洋の深海に分布。タラ類とは縁が遠い。ホクヨウムツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銀鱈 (ギンダラ)

学名:Anoplopoma fimbria
動物。ギンダラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

銀鱈の関連キーワード灰褐色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀鱈の関連情報