コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭杜 せんとQián Dù

世界大百科事典 第2版の解説

せんと【銭杜 Qián Dù】

1764‐1845
中国,清代後期の画家,生没年は1763‐1844年とする説がある。幼名は楡。字は叔美。号は松壺,壺公,卍居士(まんじこじ)。銭塘(せんとう)(浙江省杭州)の裕福な家柄に生まれ,書画を愛好した。宋・元の山水画を学び,洗練された画風は纎細すぎて迫力に欠けるが,嘉慶・道光期(1796‐1850)の文人画の特色を代表する画家として知られる。色彩を用いた山水にも瀟洒(しようしや)な趣がある。著に《松壺画憶》《松壺画贅(がぜい)》《松壺詩存》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銭杜の関連キーワード鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リード浮世絵江戸褄伝馬騒動折り紙後藤三右衛門(2代)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone