コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦屋惣次(初代) にしきや そうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦屋惣次(初代) にしきや-そうじ

?-1771* 江戸時代中期の長唄三味線方。
初代錦屋金次の門弟。前名は宗次郎,正治とつたえる。長唄の富士田吉次,荻江節(おぎえぶし)の初代荻江露友の相方をつとめ,「鞭桜宇佐幣(むちざくらうさのみてぐら)」などの名曲をのこした。明和7年12月5日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

錦屋惣次(初代)の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android