コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦心流 きんしんりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦心流
きんしんりゅう

薩摩琵琶の一種。大正の初めに,従来の薩摩琵琶から独立した永田錦心が創始。各種の邦楽を研究,摂取して作曲された新曲は,歌の優美な旋律を特徴とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

錦心流【きんしんりゅう】

薩摩琵琶の一派。永田錦心が薩摩琵琶の中から独立して創始したもの。1908年に発足させた一水会で活躍し,この一派が錦心流といわれるようになった。
→関連項目鶴田錦史

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦心流
きんしんりゅう

薩摩琵琶(さつまびわ)から分派した琵琶楽の一派。1908年(明治41)永田錦心が創始。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の錦心流の言及

【琵琶】より

…明治以後はこれらをまとめて〈薩摩琵琶〉という名称のもとに男性的なたしなみとして全国に広まった。これに手を加え繊細な節回しの様式が20世紀初頭永田錦心によって確立され錦心流と称したので,従来のものは正派と呼ぶようになった。さらに新しく錦心流の中から水藤錦穣(すいとうきんじよう)が錦(にしき)琵琶を,鶴田錦史(1911‐95)が鶴田派の新様式をつくり出した。…

※「錦心流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

錦心流の関連キーワード榎本 芝水水藤 錦穣早川 幾忠永田 錦心土田 岳心鶴田 錦史菊池 章子大館 洲楓中谷 襄水吉村 岳城水藤錦穣錦琵琶

錦心流の関連情報