コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田錦史 つるたきんし

4件 の用語解説(鶴田錦史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴田錦史
つるたきんし

[生]1911.8.15. 北海道,滝川
[没]1995.4.4. 東京,江戸川
薩摩琵琶演奏家。鶴田流の創始者。本名鶴田菊枝。1918年上京し錦心流の小峰元水に入門,1920年には女流で第一人者の速見是水に師事。1923年長野県上田市に移住し,弟子を養成したり,無声映画に出演したりした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鶴田錦史【つるたきんし】

薩摩琵琶(びわ)錦心(きんしん)流の女性演奏家,作曲家。北海道江部乙に生まれ,8歳で上京し錦心流の速水是水に入門。尺八演奏家の横山勝也〔1934-2010〕とともに作曲家武満徹の作品の演奏でも名を残し,小林正樹監督の映画《怪談》(1964年)に始まる武満との協同作業は,《エクリプス》(1966年),《ノベンバー・ステップス》(1967年),三面の琵琶のための《旅》(1973年)などに結実。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田錦史 つるた-きんし

1911-1995 昭和-平成時代の琵琶(びわ)演奏家。
明治44年8月15日生まれ。錦心流薩摩琵琶の小峰元水にまなぶ。上田高女を中退して上京。昭和42年武満徹作曲「ノヴェンバー・ステップス」初演のソリストをつとめるなど,琵琶と現代音楽結び付ける。横山勝也らと海外で演奏活動をおこない,46年芸術選奨。鶴派家元として鶴翔会を主宰。平成7年4月4日死去。83歳。北海道出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴田錦史
つるたきんし
(1911―1995)

女流琵琶(びわ)奏者。北海道江部乙(えべおつ)町(現滝川市)生まれ。7歳で上京し、兄の鶴田嚴水(げんすい)に錦心(きんしん)流薩摩(さつま)琵琶を学び、ついで速見是水(はやみぜすい)、雨宮薫水(くんすい)らの下で修め、10代には関東で教授や演奏活動を始めた。1960年代から新しい琵琶楽の開拓に着手。64年(昭和39)映画『怪談』(武満徹(たけみつとおる)音楽)の「耳なし芳一(ほういち)」で琵琶を演奏したのをきっかけに、武満の作品『エクリプス』『ノヴェンバー・ステップス』では尺八の横山勝也(かつや)とともに伝統と前衛の融合に努めた。自作『春の宴』『義経』『八甲田山』『壇の浦』では声楽部分にもくふうを凝らし、楽器改作とともに新機軸を打ち出したので、80年代には鶴派または鶴田流と称せられるようになった。鶴翔会を主宰した。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鶴田錦史の言及

【琵琶】より

…これに手を加え繊細な節回しの様式が20世紀初頭永田錦心によって確立され錦心流と称したので,従来のものは正派と呼ぶようになった。さらに新しく錦心流の中から水藤錦穣(すいとうきんじよう)が錦(にしき)琵琶を,鶴田錦史(1911‐95)が鶴田派の新様式をつくり出した。(4)筑前琵琶 琵琶歌のもう一つの系統筑前琵琶はもと筑前盲僧の橘旭翁らにより薩摩琵琶や三味線音楽にならって明治期に確立され,女性的な優雅さをたたえた音楽として全国的に流行した。…

※「鶴田錦史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴田錦史の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴田錦史の関連情報