コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦糸町 きんしちょう

2件 の用語解説(錦糸町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦糸町
きんしちょう

東京都墨田区南東部の旧町名。現在の錦糸1~4丁目にあたり,JRの駅名に残る。地名の由来は,岸堀が江戸時代には錦糸堀と呼ばれたことによる。明治期には本所錦糸町と称した。大正期に,錦糸町駅と都電の終着点の周辺が市街地化して,城東地区の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦糸町
きんしちょう

東京都墨田(すみだ)区南部の地区。隅田川左岸の低湿地にあり、岸堀という堀の名が錦糸堀の名にかわり、地名となった。江戸時代、堀通りに幕府の御材木蔵(おざいもくぐら)があり、一帯は武家屋敷地であった。錦糸堀には、堀の中から釣った魚を「置いてけ」という声がしたという本所七不思議の一つ「おいてけぼり」の伝説がある。JR総武(そうぶ)線錦糸町駅付近は江東地域の中心商店街で、かつて東京(江東)楽天地で知られたが、再開発が進み、下町の副都心として発展している。また、ここは、かつての総武鉄道の起点で、車両工場跡を1937年(昭和12)再開発した所。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦糸町の関連キーワード東京都墨田区錦糸東京都墨田区墨田東京都墨田区太平東京都墨田区千歳東京都墨田区東墨田東京都墨田区文花東京都墨田区緑東京都墨田区横網東京都墨田区横川東京都墨田区両国

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錦糸町の関連情報