コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦糸町 きんしちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦糸町
きんしちょう

東京都墨田区南東部の旧町名。現在の錦糸1~4丁目にあたり,JRの駅名に残る。地名の由来は,岸堀が江戸時代には錦糸堀と呼ばれたことによる。明治期には本所錦糸町と称した。大正期に,錦糸町駅と都電終着点の周辺が市街地化して,城東地区の中心地となった。昭和期になって,デパート,映画館,駅ビルバスターミナルなどが次々にできて,城東地区最大の繁華街となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦糸町
きんしちょう

東京都墨田(すみだ)区南部の地区。隅田川左岸の低湿地にあり、岸堀という堀の名が錦糸堀の名にかわり、地名となった。江戸時代、堀通りに幕府の御材木蔵(おざいもくぐら)があり、一帯は武家屋敷地であった。錦糸堀には、堀の中から釣った魚を「置いてけ」という声がしたという本所七不思議の一つ「おいてけぼり」の伝説がある。JR総武(そうぶ)線錦糸町駅付近は江東地域の中心商店街で、かつて東京(江東)楽天地で知られたが、再開発が進み、下町の副都心として発展している。また、ここは、かつての総武鉄道の起点で、車両工場跡を1937年(昭和12)再開発した所。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

錦糸町の関連キーワードすみだストリートジャズフェスティバル錦糸町ステーションビル テルミナJRE POINTデジェー ラーンキアルカキット錦糸町東京都墨田区ATC装置墨田(区)立川志の春総武本線副都心沢田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦糸町の関連情報