錯節(読み)サクセツ

デジタル大辞泉の解説

さく‐せつ【錯節】

入り組んだ木の節。
入り組んでいて解決しにくい事件や問題。「盤根(ばんこん)錯節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくせつ【錯節】

入り組んだ木のふし。 「盤根-」
こみ入って、解決困難な事件や問題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さく‐せつ【錯節】

〘名〙
① 入り組んだ木のふし
② 内容、人物関係などが入り組んでいて解決が困難な事柄。
※航米日録(1860)一「扨又天我を苦ませんとして如此き錯節に逢はしむるならんかと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android