コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直恒 なべしま なおつね

美術人名辞典の解説

鍋島直恒

江戸中期の肥前蓮池藩鍋島家第四代当主。十七才のとき、父直称より封を継ぎ藩主となる。藩浮沈の時神仏加護を求めるなど神道を厚く尊んだ。寛延二年(1749)歿、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直恒 なべしま-なおつね

1702*-1749 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)14年12月5日生まれ。鍋島直称(なおのり)の子。享保(きょうほう)2年肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)藩主鍋島家4代となる。寛延元年本藩の支藩統制に反発して佐賀藩主鍋島宗教(むねのり)と対立し,謹慎させられる。この対立が遠因で,翌年諫早一揆(いさはやいっき)がおこった。寛延2年10月16日死去。49歳。幼名は弁五郎。通称は称就。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鍋島直恒の関連キーワード鍋島直寛鍋島直興

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android