コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直愈 なべしま なおます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直愈 なべしま-なおます

1756-1801 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦6年3月15日生まれ。鍋島直員(なおかず)の次男。宝暦14年肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩主鍋島家7代となる。安永3年有栖川宮(ありすがわのみや)の江戸参向の際,馳走(ちそう)役を命じられるが経費を調達できず,幕府に借用をもうしでて2ヵ月間の差控(さしひかえ)処分をうけた。藩校興譲館を創設した。享和元年7月2日死去。46歳。初名は直喬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鍋島直愈の関連キーワード鍋島直知鍋島直尭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android