鍋島直愈(読み)なべしま なおます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直愈 なべしま-なおます

1756-1801 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦6年3月15日生まれ。鍋島直員(なおかず)の次男。宝暦14年肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩主鍋島家7代となる。安永3年有栖川宮(ありすがわのみや)の江戸参向の際,馳走(ちそう)役を命じられるが経費を調達できず,幕府に借用をもうしでて2ヵ月間の差控(さしひかえ)処分をうけた。藩校興譲館を創設した。享和元年7月2日死去。46歳。初名は直喬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android