コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島茂義 なべしま しげよし

2件 の用語解説(鍋島茂義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島茂義 なべしま-しげよし

1800-1863* 江戸時代後期の武士。
寛政12年10月25日生まれ。肥前佐賀藩家老。天和(てんな)3年同藩武雄領主となる。高島秋帆(しゅうはん)に洋式砲術をまなび,領内でモルテール(臼砲)を鋳造。のち藩砲術師範となり,軍備の近代化につくした。文久2年11月27日死去。63歳。別名は紀義。通称は十左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鍋島茂義

没年:文久2.11.27(1863.1.16)
生年:寛政12.10.25(1800.12.11)
幕末の洋式兵学者。肥前武雄藩(武雄市)藩主。幼名は孟太郎,富八郎。通称を十左衛門。諱を茂義,紀義といった。文政5(1822)年23歳の部屋住にして佐賀本藩の執政に任じられたが,不羈豪胆にしてその行動が過激のため意見がいれられず,天保3(1832)年退き,武雄藩主となる。以後洋式兵学の研究に専念,同年には家臣平山醇左衛門を高島秋帆 に入門させ,また自らも秋帆に就いて洋式砲術を学び,天保6年には秋帆を武雄に招いてわが国最初の洋式砲を鋳造している。佐賀藩が維新の戦闘において卓越した装備を誇れたのも,茂義先鞭の功に帰せられよう。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋島茂義の関連キーワード広渡心海樽野武雄武雄市六角川武雄武雄市民病院の民営化上田帯刀武雄逍遥田結荘千里村上範致

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鍋島茂義の関連情報