コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍾状貫入岩 しょうじょうかんにゅうがん cupola

翻訳|cupola

1件 の用語解説(鍾状貫入岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

鍾状貫入岩

底盤の大きさの貫入岩体の屋根部から上方に突き出た小さなドームまたは岩株のような突起の名称である.ある岩株やボスは,部分的に露出している底盤のキュポラと考えられる.この語は,環状岩脈や円錐岩床などが多数あると考えられる火成岩中心の下にあると想像される仮想的なドーム形のマグマ溜まりを記述する際に用いられた[Daly : 1933, Thomas : 1930].底盤体の一部が突出して岩瘤状または岩株状をなす貫入岩をいう[渡辺編 : 1935].キュポラ(cupola)は丸屋根,丸天井溶鉱炉などのことである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍾状貫入岩の関連キーワード岩株底盤貫入岩体整合貫入岩体ジュース底盤輪状貫入岩体貫入構造エンバソリス期クリプトバソリス期岩漿同質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone