コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍾状貫入岩 しょうじょうかんにゅうがんcupola

翻訳|cupola

岩石学辞典の解説

鍾状貫入岩

底盤の大きさの貫入岩体の屋根部から上方に突き出た小さなドームまたは岩株のような突起の名称である.ある岩株やボスは,部分的に露出している底盤キュポラと考えられる.この語は,環状岩脈や円錐岩床などが多数あると考えられる火成岩中心の下にあると想像される仮想的なドーム形のマグマ溜まりを記述する際に用いられた[Daly : 1933, Thomas : 1930].底盤体の一部が突出して岩瘤状または岩株状をなす貫入岩をいう[渡辺編 : 1935].キュポラ(cupola)は丸屋根,丸天井,溶鉱炉などのことである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android