鎌田正夫(読み)かまた まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田正夫 かまた-まさお

1855-1915 明治時代の歌人。
安政2年生まれ。鎌田出雲(いずも)の子。八田知紀(とものり)に,のち高崎正風(まさかぜ)にまなぶ。宮内省御歌所(おうたどころ)にはいり,寄人(よりゅうど)などをつとめた。大正4年12月13日死去。61歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。通称は仙十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android