コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田正夫 かまた まさお

美術人名辞典の解説

鎌田正夫

歌人。初名仙十郎。薩摩藩国老出雲の子。幼少の頃から和歌を好み、八田知紀高崎正風に学ぶ。宮内省御歌所に出仕し、寄人に任ぜられた。大正4年(1915)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田正夫 かまた-まさお

1855-1915 明治時代の歌人。
安政2年生まれ。鎌田出雲(いずも)の子。八田知紀(とものり)に,のち高崎正風(まさかぜ)にまなぶ。宮内省御歌所(おうたどころ)にはいり,寄人(よりゅうど)などをつとめた。大正4年12月13日死去。61歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。通称は仙十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鎌田正夫の関連キーワード明治時代池袋清風北里闌常磐会

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android