コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田正清 かまた まさきよ

2件 の用語解説(鎌田正清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田正清 かまた-まさきよ

1123-1160 平安時代後期の武士。
保安(ほうあん)4年生まれ。源義朝(よしとも)と乳兄弟で,義朝のもとで保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱をたたかう。平治の乱で敗れた義朝にしたがい,尾張(おわり)の妻の父長田忠致(ただむね)をたよったが,平治2年1月3日義朝とともに謀殺された。38歳。通称は次(二)郎。名は政家とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鎌田正清

没年:永暦1.1.3(1160.2.11)
生年:保安4(1123)
平安後期の武士。遠江国(静岡県)出身か。鎌田通清の子。源義朝の家人で,乳母子保元の乱(1156)では,京の白河殿で源為朝と戦い,その頬を射るなど活躍。乱に勝利した義朝が父為義の首を討つべき勅命を受けて苦慮すると,知恵を授け,七条朱雀で為義の首をはねた。平治の乱(1159)で一時藤原信頼が政権を掌握すると,兵衛尉に任じられ政家と改名した。平清盛に敗れ義朝と共に東国へ落ち,尾張国に住む舅長田忠致を頼ったが,裏切られ,義朝と共に殺された。

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鎌田正清の言及

【鎌田氏】より

…藤原北家,守部姓首藤(守藤)氏(すどううじ)族。首藤資清の孫(一説では子)通清が鎌田権守を称したのに始まる。資清は本姓藤原と養父の姓守部とを合わせて守藤を称したと言われ,また源頼義に属して軍功を立てた賞として主馬首(うまのかみ)に任じられたため首藤を称したとも言われる。その子資通は頼義の子義家に従って後三年の役(1083‐87)に活躍した。通清はこの資通の子で源為義の郎従であった。いわば源氏譜代の家人であるが,通清が鎌田氏を称した由縁については不明。…

【源義朝】より

…恩賞により左馬頭(さまのかみ)となったが,信西(しんぜい)と組んだ清盛と不和になり,59年(平治1)12月清盛が熊野参詣に赴いた留守をついて藤原信頼とともに挙兵し,平治の乱を引き起こした。しかし急ぎ帰京した清盛の軍勢に敗れ,東国に逃れる途中,尾張国知多郡野間(現,愛知県知多郡美浜町野間)で家人長田忠致(おさだただむね)のために鎌田正清ともども殺された。平治1年12月29日とも永暦1年1月4日ともいわれる。…

※「鎌田正清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鎌田正清の関連キーワード白須賀遠江板垣兼信井早太宇佐美祐茂内田家吉駿河清重橘遠茂藤原盛景渡辺兵次

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone