コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田武雄 かまだ たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田武雄 かまだ-たけお

1901-1946 昭和時代前期の動物生理学者。
明治34年生まれ。ケンブリッジ大などでまなび,昭和15年東京帝大教授となる。ゾウリムシの細胞の興奮メカニズムなどを分析し,細胞生理学の分野で業績をあげた。昭和21年死去。46歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌田武雄
かまだたけお
(1901―1946)

動物生理学者。日本における一般生理学、細胞生理学分野の本格的研究の創始者とされる。東京生まれ。少年期の伝書鳩(ばと)への興味や生物物理学者ロエブJacques Loeb(1859―1924)の所説への傾倒からこの道を志し、1933年(昭和8)ロンドン王立学会研究所のヒルArchibald Vivian Hill(1886―1977)、翌年ケンブリッジ大学動物学科のグレーJames Gray(1891―1975)の下に留学した。帰国して、1940年東京帝国大学理学部教授となる。実験的解析一本の追究を説いてやまず、ゾウリムシ細胞の興奮機構からウニ卵の付活に至るまで、電気生理学的技術に磨きをかけての業績をあげた。講義録に『原形質の生理学的研究』(1950)がある。[柳田為正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android