コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田武雄 かまだ たけお

2件 の用語解説(鎌田武雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田武雄 かまだ-たけお

1901-1946 昭和時代前期の動物生理学者。
明治34年生まれ。ケンブリッジ大などでまなび,昭和15年東京帝大教授となる。ゾウリムシの細胞の興奮メカニズムなどを分析し,細胞生理学の分野で業績をあげた。昭和21年死去。46歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌田武雄
かまだたけお
(1901―1946)

動物生理学者。日本における一般生理学、細胞生理学分野の本格的研究の創始者とされる。東京生まれ。少年期の伝書鳩(ばと)への興味や生物物理学者ロエブJacques Loeb(1859―1924)の所説への傾倒からこの道を志し、1933年(昭和8)ロンドン王立学会研究所のヒルArchibald Vivian Hill(1886―1977)、翌年ケンブリッジ大学動物学科のグレーJames Gray(1891―1975)の下に留学した。帰国して、1940年東京帝国大学理学部教授となる。実験的解析一本の追究を説いてやまず、ゾウリムシ細胞の興奮機構からウニ卵の付活に至るまで、電気生理学的技術に磨きをかけての業績をあげた。講義録に『原形質の生理学的研究』(1950)がある。[柳田為正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎌田武雄の関連キーワード三好学川村多実二飯塚啓小山内竜黒川義太郎合田得輔滝田貞治野村七録宮地伝三郎森下正明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鎌田武雄の関連情報