伝書鳩(読み)デンショバト

大辞林 第三版の解説

でんしょばと【伝書鳩】

遠隔地の通信に利用しうるよう訓練された鳩。鳩の帰巣本能を利用したもの。主にドバトの改良種が使われ、かつては軍事用や通信用に用いたが、現在は主にレース用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝書鳩
でんしょばと
homing pigeoncarrier pigeon

鳥綱ハトハト科カワラバトColumba liviaをいろいろな目的のために家禽(かきん)化したものを一般にドバト(堂鳩)とよび、そのうち、方向感覚に優れ、長距離の飛行に耐える性質を改良して通信に利用する系統を伝書鳩という。第二次世界大戦直後までは軍用鳩ともいったが、1950年代以後は、有線および無線通信技術の発達によって実用的な意義はほとんどなくなり、おもに競技用に飼われるので、レース鳩racing pigeonということが多い。
 初め中近東で飼いならされ、紀元前3000年ごろには、エジプトで漁船から漁況を知らせる通信に利用された記録がある。古代オリンピックが開催されるときには、ギリシアの各都市が用意して、競技の勝者の速報を入手した。ローマ帝国は、軍の連絡用に盛んに使った。普仏(ふふつ)戦争(1870~1871)ではフランス軍の360羽によって、延べ15万以上の通信が運ばれた。第二次世界大戦では、連合軍側が各地のレジスタンスにパラシュートで1万7000羽を送り込み、およそ2000羽が、通信をもたらした。足または背に軽量の筒を取り付け、その中に通信文や写真などを入れるのが普通であるが、普仏戦争では、通信文を書いた薄い布を尾羽に結び付ける方法を用いた。
 巣、雛(ひな)およびつがいに執着して帰る性質を利用するのであるが、餌(えさ)を与える場所を別に決めてやると、その場所と巣の往復に利用できる。方向の定位は、近距離では地形や塔など目標物の記憶に頼り、遠距離では太陽などを目標とする天体航法、悪天候のときには地磁気によるコンパス航法も使う。国内のレースは、日本伝書鳩協会や日本鳩レース協会によって主催され、100~1500キロメートルまで各種ある。[竹下信雄]

飼い方

鳩舎(きゅうしゃ)は見晴らしのよい場所に設け、金網張りの部分を大きくとる。若鳥の場合は一度も舎外で飛んでいないものを求め、成鳥の場合は雛をかえさせるまで舎内で飼う。飼料は、トウモロコシ、コムギ、アサの実などからなる配合餌料(じりょう)を1日35~40グラム、塩土、水、青菜を与える。石膏(せっこう)製の皿巣を置くと、小枝を積んで産座とし、2卵を産む。雌が18日間抱卵し、雛は雌雄が鳩の乳((そのう)の内壁が肥厚してはげ落ちたものが主成分である)を口移しに与えて育てる。約20日間で巣立ちし、3か月で成熟する。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伝書鳩 (デンショバト)

学名:Columba livia var.domestica
動物。ハト科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんしょ‐ばと【伝書鳩】

〘名〙
① ドバトの改良種で、訓練して通信に利用する鳩。原種はカワラバトとされ、その帰巣本能を利用したもので、実用通信距離は約二〇〇キロメートル。新聞社などの通信用のほか軍事用としても使われたが、現在では鳩レースなどに利用されている。レース鳩。
※高知日報‐明治二一年(1888)八月七日「軍事上に伝書鳩を使用することは広く世間に行はれ」
② 毎日、会社が終わると、寄り道をしないでまっすぐに家に帰る男のたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝書鳩の関連情報