コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖し/扃し トザシ

デジタル大辞泉の解説

と‐ざし【鎖し/×扃し】

門戸をとざすこと。また、とざした門戸。
「訪ふべき―もなかりけり」〈平治・下〉
門戸をとざす道具。錠・掛け金の類。
「鎹(かすがひ)も―もあらばこそ」〈催馬楽・東屋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鎖し/扃しの関連キーワードサタデーナイトスペシャル日本債券信用銀行[株]テニスコートの誓いイスカンダル・ムダ烏坎村の住民運動モナコグランプリ先天性尿道直腸瘻臍動脈・静脈肺動脈閉鎖症ゼロ四レースローズバンクスケルチ回路野村屋甚兵衛キューバ危機バリケード行い澄ます臍ヘルニアカロザース竹内 芳松改札止め

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android