コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖蛇 クサリヘビ

デジタル大辞泉の解説

くさり‐へび【鎖蛇】

有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科クサリヘビ亜科の爬虫(はちゅう)類の総称。毒蛇。全長約1メートルで頭部は長三角形。体は太く短く、ひし形または楕円形斑紋が鎖のように連なる模様がある。ヨーロッパ・アフリカ・アジアに分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさりへび【鎖蛇】

有鱗目クサリヘビ科の爬虫類の総称。背にジグザグ状の縞模様がある有毒蛇。最大種はアフリカのガブーン-バイパーで体長2メートルに達する。アジア・アフリカ・ヨーロッパに分布。
の一種。猛毒蛇。淡褐色の地に三列の黒色輪状紋が並び、体長1.5メートルに及ぶ。インド・パキスタン・東南アジアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鎖蛇 (クサリヘビ)

動物。クサリヘビ科クサリヘビ亜科のヘビの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鎖蛇の関連キーワードバイパー縞模様淡褐色動物体長

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android