コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮暈剤 ちんうんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮暈剤
ちんうんざい

めまいの症状を改善する薬物。メニエール症候群,眩暈症の疾患や乗物酔いなどで起るめまいは,末梢,中枢の前庭神経系障害や自律神経失調などの機能障害が原因とみられている。原因が多様なため,治療薬も種類が多い。鎮暈剤としては,シクランデレートのような循環障害改善剤,B1 ,B12 などのビタミン剤,代謝賦活剤,精神安定剤などを単剤かまたは2~4種類の併用で用いる。抗ヒスタミン剤のメシル酸ベスタチンサリチル酸ジフェンヒドラミンジプロフィリンも一般に用いられるほか,自律神経遮断剤,副腎皮質ステロイド剤,利尿剤,制吐剤,鎮静催眠剤なども使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮暈剤
ちんうんざい

乗物酔い、妊娠時のつわり、メニエール症候群などの嘔吐(おうと)、めまい(眩暈(げんうん))の治療に用いられる薬剤で、嘔吐を止める薬剤は制吐剤あるいは鎮吐剤ともいう。鎮暈剤には次のようなものがある。(1)抗ヒスタミン剤であるジメンヒドリナート(「ドラマミン」)、ジフェンヒドラミンとジプロフィリンの合剤(「トラベルミン」)、塩酸メクリジン(「ボナミン」)、(2)中枢性の鎮吐作用の強いフェノチアジン系トランキライザー、チエチルペラジン、プロメタジンテオフィレート、(3)その他 メシル酸ベタヒスチン(「メリスロン」)、塩酸ジフェニドール(「セファドール」)、dl‐塩酸イソプロテレノール(「イソメニール」)など。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone