眩暈(読み)メマイ

  • ×眩×暈
  • げんうん
  • 書名・映画

デジタル大辞泉の解説

《原題、〈ドイツ〉Die Blendungカネッティの長編小説。1935年刊。書物を愛する研究者が他者に生活を乱され、狂気に至るまでを描く。
笠原淳の長編小説。昭和60年(1985)刊。
(めまい)《Vertigo》米国の映画。1958年製作。監督、アルフレッド=ヒッチコック。出演ジェームズ=スチュアートキム=ノバクほか。高所恐怖症の元刑事を主人公とするサイコスリラー。第31回米国アカデミー賞で、美術賞、音響賞にノミネート
《「けんうん」とも》めまい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「けんうん」とも) 目がくらんで頭がふらふらすること。また、その症状。めまい。たちくらみ。昏瞑(こんめい)。瞑眩(めいげん)
※実隆公記‐延徳二年(1490)七月二四日「抑教国卿今日中風気発眩暉及絶入云々」
※歌舞伎・松梅鶯曾我(1822)三立「御身の上に眩暈(ゲンウン)の、病ひありとは情ない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の眩暈の言及

【めまい】より

…眩暈(げんうん)ともいう。〈実際は周囲の物が静止しているのに,いろいろな方向に動くようにみえたり,またまっすぐ立とうとしてもできない状態〉とか,〈周囲や患者自身は運動していないのに,動いているように感ずる異常感覚〉などと定義される。…

【遊び】より

…(3)模倣(ミミクリ) 芝居,変装,仮面など,自分でない他者になろうとする遊び。(4)眩暈(めまい)(イリンクス) 回転や落下による身体的感覚の混乱を楽しむもの。この四つである。…

※「眩暈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android