コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎰役/鉤役 カギヤク

デジタル大辞泉の解説

かぎ‐やく【×鎰役/×鉤役】

《「かぎ」は鍋・釜を掛けるところから世帯の意》中世近世に世帯を単位に課された税。竈役(かまどやく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎰役
かぎやく

鎰とは鍋釜(なべかま)をかける自在鉤(じざいかぎ)のことで、鎰役とは各家の竈(かまど)に対する課役である。中世では棟別(むねべつ)に課役を徴収することが多かったが、百姓たちはこれを忌避して長屋をつくって数世帯がいっしょに住むようになった。このため鎰役によって世帯ごとに課税した。石高制の実施に伴って消滅したが、地域によっては小物成(こものなり)として残った所もある。[吉永 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鎰役/鉤役の関連キーワード竈役・竃役吉永