コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自在鉤 じざいかぎ

4件 の用語解説(自在鉤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自在鉤
じざいかぎ

いろりの上から下げ,鍋や釜を掛けてつるす道具。普通は竹筒と鉤付きの棒から成り,小ざる,手と呼ばれる横木の摩擦抵抗を利用して棒を固定する。必要に応じて自由自在に鍋底と火の距離を調節できるところからこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じざい‐かぎ【自在×鉤】

囲炉裏(いろり)やかまどなどの上につり下げ、それに掛けた鍋(なべ)・釜(かま)・やかんなどと火との距離を自由に調節できるようにした鉤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自在鉤【じざいかぎ】

囲炉裏(いろり)の上に下げて鍋(なべ)をつる道具。鉤のある木を竹筒に通し,上端は天井の蛭鉤(ひるかぎ)に掛け,小猿(こざる)という小さな横木によって鉤を上下自在に調節する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自在鉤
じざいかぎ

いろりの火で煮炊きするために、鍋(なべ)や釜(かま)をかける道具。いろりの上を通る梁(はり)からつり下げ、上げ下げや回転を自在にすることができる仕掛けがくふうされていることから、自在鉤といわれている。初めはエノキなどのじょうぶな枝を利用してつくった固定式のつり鉤であった。自在鉤は、下端に鉤のついた鉤棒と、それを通す竹筒および鉤棒を上下させ固定する横木とから構成される。竹筒の上端は天井に固定され、その中に納められた鉤棒の下端は横木の穴を通り、横木の他端は竹筒に固定されている。横木は木片に穴をあけただけのものから、タイやフナなど魚をかたどったものや、扇、ひょうたんなどの装飾の施されたものまである。いずれも縁起を祝ったものである。とくに、魚は火を防ぐという俗信から魚を用いる所は多い。「出鉤入魚(しゅっこうにゅうぎょ)」などといって、その方向を定めている所もある。自在鉤は、鉤どの、鉤つけ様、オカン様などと敬称をつけてよび、火の神の依代(よりしろ)としての考え方もあった。そのためこれに手をかけることのできる者も決まっており、揺すったりすることを戒めた。正月には松を飾ったり、子供がいろりに転び込まないように、まじないとして一文銭と杓子(しゃくし)を結び付ける所もあった。[倉石忠彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自在鉤の関連キーワード胞衣着空焚き錘重吊るす縒りを掛ける掛戸切下げる蒸籠釣下げる倍分

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自在鉤の関連情報