コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏗鏗 コウコウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐こう〔カウカウ〕【××鏗】

[ト・タル][文][形動タリ]《「鏗」は金石の打ち合う音の意》鐘の音などが鳴りわたるさま。
「浅草寺の明(あけ)六つの鐘が、―と鳴り渡って居る」〈菊池寛蘭学事始

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこう【鏗鏗】

( 副 )
鐘の鳴り響くさまを表す語。 「鏘そう-と鳴り響く/桐一葉 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鏗鏗の関連キーワード桐一葉

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android