コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金石 かないわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金石
かないわ

石川県中央部,金沢市の犀川河口にある地区。旧町名。金沢の外港として発展してきたが,北陸本線の開通後金沢新港の一部となり,製材業が行われる。宅地化が著しく,金沢市内への通勤者が多い。銭屋五兵衛の出身地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐せき【金石】

金属と石。鉱物。また、金属器と石器。
きわめて堅く、永久不変なもののたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせき【金石】

金属と石。金属器と石器。
非常にかたいもの、永久に変わらないもののたとえ。 → 金石の交まじわり
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金石
かないわ

石川県金沢市北西部の一地区。旧金石町。日本海に注ぐ犀(さい)川の河口にある。江戸時代は宮腰(みやのこし)といい、隣接の大野と港町として競合し、加賀藩命で合併、「金石之交(きんせきのまじわり)」にちなんで金石と称した。海商銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)の根拠地でもあった。現在、港は金沢新港の一部となり、この地区は住宅地として発展している。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金石の言及

【犀川】より

…金沢市南部の山地から北西流して市街地を貫流し金石(かないわ)で日本海に注ぐ川。全長34km,流域面積256km2。…

【宮腰】より

…加賀国(石川県)金沢城下町から海岸へ4km,犀川(さいがわ)河口に位置する外港。現金沢市金石(かないわ)。石川郡大野荘に属する中世以来の湊として知られる。…

※「金石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金石の関連キーワード陽気を発する処金石も亦透るホームステーク鉱山ビルバンプール遺跡トゥキュディデス金石の交わり朝鮮金石総覧キムソクポム隅田八幡神社ラピスラズリ金石 幸夫松田 南溟エピグラフ木嬰長次郎藪田嘉一郎クーファ体木崎 愛吉木崎好尚平安遺文木崎愛吉銅器時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金石の関連情報