コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏗鏘 コウソウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐そう〔カウサウ〕【××鏘】

[ト・タル][文][形動タリ]鐘や石、また、琴などの楽器が鳴り響くさま。「鏗鏘として琵琶を弾ず」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうそう【鏗鏘】

( トタル ) [文] 形動タリ 
玉・鐘・琴などの鳴り響くさま。 「 -として琴を弾じ/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鏗鏘の関連キーワードトタル

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android