コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡久綱 かがみ ひさつな

2件 の用語解説(鏡久綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鏡久綱 かがみ-ひさつな

?-1221 鎌倉時代の武将。
佐々木定重の子。承久(じょうきゅう)の乱では後鳥羽(ごとば)上皇方の藤原秀康の軍に属し,美濃(みの)(岐阜県)摩免戸(まめど)で北条泰時のひきいる幕府の大軍に対抗。秀康軍がたたかわずして敗走するなか,幕府方の大江佐房(すけふさ)とたたかって敗れ,承久3年6月6日自刃(じじん)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鏡久綱

没年:承久3(1221)
生年:生年不詳
鎌倉初期の武将。佐々木定綱の孫。建久2(1191)年に比叡山と争いを起こして斬首された定重の子。右衛門尉に任官した。承久の乱(1221)では京方となり,激戦となった美濃国摩免戸(各務原市)を守った。主将藤原秀康らが敗走するなかでひとり奮戦したすえ自刃した。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡久綱の関連キーワード佐々木貞清佐々木定重佐々木定詮佐々木高信佐々木泰清佐々木義清佐々木善住佐々木頼綱佐々木頼信平清基

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone