コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘の岬 かねのみさき

2件 の用語解説(鐘の岬の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かねのみさき【鐘の岬】

現在の福岡県宗像市の北端の岬。玄界灘と響灘が接する所に位置する。⦅歌枕⦆ 「ちはやぶる-を過ぎぬとも我は忘れじ志賀しかの皇神すめかみ/万葉集 1230

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鐘の岬
かねのみさき

道成寺物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘の岬の関連キーワード現身明白かつ現在の危険現価現世現員現時点小半時指値子一つ小鯖村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鐘の岬の関連情報