コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響灘 ひびきなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

響灘
ひびきなだ

福岡県北方から山口県西方にある海域日本海一部。西は鐘崎地ノ島でかぎられ,玄界灘に続き,東は山口県北西端の角島でかぎられる。水深約 60~100mの陸棚の好漁場をなす。沿岸に北九州工業地域が発達し,1968年から若松半島東部に大規模な臨海工業用地が造成された。古くから瀬戸内海沿岸と大陸を結ぶ重要な航路にあたり,沿岸の一部は玄海国定公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひびき‐なだ【響灘】

福岡県の北東方、山口県の西方の海域。西は玄界灘に続く。冬季は季節風が強く吹く。[歌枕

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

響灘【ひびきなだ】

関門海峡西方の海域。水深100m内外の大陸棚海域で,蓋井(ふたおい)島,六連(むつれ)島などが点在し好漁場をなす。南部海底には炭層がある。古来大陸への重要航路にあたり,沿岸には古代遺跡が多い。
→関連項目岡垣[町]玄界灘瀬戸内海豊浦[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひびきなだ【響灘】

山口県西岸と福岡県北東岸で限られ,西は福岡県宗像(むなかた)郡の大島付近を境に玄界灘に接する。《万葉集》巻十七にみえる〈比治奇(ひじき)の奈太(なだ)〉は響灘か。古来,瀬戸内海と北九州や大陸とを結ぶ交通上重要な海域で,沿岸には多くの考古遺跡がある。対馬暖流が流れ,水深は80m以浅で,角(つの)島蓋井(ふたおい)島六連(むつれ)島などが分布し,沖合は好漁場である。関門海峡に臨む下関市彦島や北九州市沿岸には日本有数の重化学工業地帯が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひびきなだ【響灘】

山口県の西方、福岡県の北方にあたる日本海の海域。西側は玄界灘に接し、関門海峡で瀬戸内海に通じる。⦅歌枕⦆ 「音に聞き目にはまだ見ぬ播磨なる響の灘と聞くはまことか/忠見集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県(山口県)〕響灘(ひびきなだ)


山口県の西岸から福岡県の北岸沖、関門(かんもん)海峡の北西方を占める海域。西は福岡県鐘ノ(かねの)岬から地ノ(じの)島を境に玄界灘(げんかいなだ)と接し、北東に対馬(つしま)海峡がある。水深100m以内の浅海で、蓋井(ふたおい)島・藍(あいの)島・白(しら)島などの島嶼(とうしょ)や岩礁が点在する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

響灘
ひびきなだ

日本海南西部の海域で、東側は山口県西部、南側は福岡県北部で限られ、大島(福岡県宗像(むなかた)市)を境に玄界(げんかい)灘に続く。水深は80メートル以浅で、対馬(つしま)暖流が北東流し、角島(つのしま)、蓋井島(ふたおいじま)、藍島(あいのしま)、六連島(むつれじま)、大島、地島(じのしま)などの周辺はサバ、イカ、ブリなどの好漁場となっている。響灘の南東隅は関門海峡西口で、内外の航路が集中し、北九州市、下関(しものせき)市沿岸は重化学工業地帯を形成する。冬季北西季節風が強く、船舶の座礁事故が多い。また、角島や八ヶ浜(やつがはま)、安岡海岸、三里松原など沿岸各地に風成砂丘が発達している。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

響灘の関連キーワード福岡県遠賀郡岡垣町若松(福岡県)綾羅木郷遺跡土井ヶ浜遺跡豊北[町]豊浦[町]豊北〈町〉岡垣[町]豊田[町]温州みかん山口[県]芦屋[町]芦屋・蘆屋豊浦〈町〉北浦うに狗留孫山川棚温泉洞海湾岡垣町周防灘

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

響灘の関連情報