玄界灘(読み)げんかいなだ

  • 玄界灘/玄海灘

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄海ともいう。福岡,佐賀両県の北西部に広がる海で,日本海の一部。東は鐘ノ岬地ノ島の線で響灘に続き,西は壱岐水道対馬海峡によって東シナ海に通じる。大陸棚の発達する浅海で,大部分水深 50~60m以内。古くから大陸および朝鮮半島と北九州を結ぶ海上交通の要路として重視された。対馬海流がゆっくり北東流し,島や岩礁が多く,タイ,イカ,アジサバ,ブリ,フグなどの好漁場となっている。冬季には強い北西季節風による高波で知られ,漁船遭難も多い。沿岸には多くの史跡名勝があり,玄海国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

福岡・佐賀両県の北西に広がる海域玄海とも。西は壱岐・対馬両海峡,東は響灘に続き,大部分は50〜60m以浅で,冬は北西季節風が強く波が高い。古来,大陸への海上交通の要路。イワシ,タイ,イカ,サバ,アジ,ブリなどが漁獲される。地島,相島,志賀島,玄界島や本土海岸は玄海国定公園に属する。
→関連項目海ノ中道勝本[町]北松浦半島玄海[町]古賀[市]佐賀[県]新宮[町]福間[町]宗像[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

九州北西部,福岡・佐賀両県の北にひろがる海域。玄海ともいう。西は壱岐水道,対馬海峡東水道で東シナ海に,東は福岡県宗像(むなかた)の大島と九州本土(玄海町)との間の倉良(くらら)瀬戸を通じて響(ひびき)に,それぞれ接している。沿岸近くに東から大島,相ノ島,玄界島,姫島烏帽子(えぼし)島,神集(かしわ)島,小川島,加唐(かから)島,中央北部沖合に小呂(おろ)島などの島や灯台瀬,横曾根,長間瀬など多数の岩礁が散在し,南部に博多,唐津の二大湾入がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

九州北方、対馬海峡から響灘に至る海域。冬は季節風で荒れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九州北西部の海域で玄海と略称される。西は対馬(つしま)海峡東水道、壱岐(いき)水道で東シナ海に続き、東は鐘(かね)ノ岬、地(じ)ノ島の線で響灘(ひびきなだ)に至る。福岡県から佐賀県にわたり、東から筑前(ちくぜん)大島、相(あい)ノ島、玄界島、小呂(おろ)島、烏帽子(えぼし)島、神集(かしわ)島、小川(おがわ)島、加部(かべ)島などの島々や多数の岩礁があり、福岡(博多(はかた))、唐津(からつ)の両湾が開けている。水深は100メートル内外であるが、大部分は50~60メートル未満の浅い大陸棚が中心で、対馬海流が南西から北東に流れる好漁場であるが、冬季は季節風により海が荒れるため、小型船の遭難が多い。古来、大陸、朝鮮半島との海上交通の要路として利用され、元寇(げんこう)の侵入路にもなったが、現在は韓国からの密航、密輸の場でもある。タイをはじめイカ、アジ、サバ、ブリ、フグ、イサキ、イワシ、ウニ、ワカメなどの好漁場で、沿岸に多数の漁港が発達しているが、近年は漁場の荒廃が進行中で、魚礁設置などで水産資源の開発が努められている。沿岸一帯は芥屋ノ大門(けやのおおと)や七ツ釜(がま)をはじめ、志賀島(しかのしま)、生之松原(いきのまつばら)、海ノ中道(うみのなかみち)、虹(にじ)ノ松原などの景勝地や、怡土(いと)城跡、元寇防塁跡、宗像(むなかた)大社、香椎宮(かしいぐう)、筥崎八幡宮(はこざきはちまんぐう)などの史跡に富み、玄海国定公園に指定されている。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄界灘の関連情報