コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘供養 カネクヨウ

2件 の用語解説(鐘供養の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かね‐くよう〔‐クヤウ〕【鐘供養】

新たに梵鐘(ぼんしょう)を鋳造した際に行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
寺にある梵鐘の供養。多く、晩春に行われる。 春》「畠打や木の間の寺の―/蕪村

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かねくよう【鐘供養】

新たに鋳造された鐘のつき初めに行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
晩春のころ、寺々で行われる梵鐘ぼんしよう供養。和歌山県の道成寺どうじようじ、東京品川の品川寺ほんせんじのものなどが著名。 [季] 春。 《 品川の宿に古る寺- /今井つる女 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘供養の関連キーワード新銭鋳植機鋳像乳座凡聖大鐘山を鋳海を煮る飯田助左衛門木越正光名越実久