鐘供養(読み)カネクヨウ

デジタル大辞泉の解説

かね‐くよう〔‐クヤウ〕【鐘供養】

新たに梵鐘(ぼんしょう)を鋳造した際に行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
寺にある梵鐘の供養。多く、晩春に行われる。 春》「畠打や木の間の寺の―/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねくよう【鐘供養】

新たに鋳造された鐘のつき初めに行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
晩春のころ、寺々で行われる梵鐘ぼんしよう供養。和歌山県の道成寺どうじようじ、東京品川の品川寺ほんせんじのものなどが著名。 [季] 春。 《 品川の宿に古る寺- /今井つる女 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かね‐くよう ‥クヤウ【鐘供養】

〘名〙 新しく鐘を鋳造した時に行なうつき初めの式。道成寺の縁起に始まり、近世以来、多くは女子がつき初めをするようになった。鐘の供養。《季・春》
※雑俳・表若葉(1732)「鞴(たたら)踏む法のちがひの鐘供養」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鐘供養の関連情報