コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘供養 カネクヨウ

デジタル大辞泉の解説

かね‐くよう〔‐クヤウ〕【鐘供養】

新たに梵鐘(ぼんしょう)を鋳造した際に行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
寺にある梵鐘の供養。多く、晩春に行われる。 春》「畠打や木の間の寺の―/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねくよう【鐘供養】

新たに鋳造された鐘のつき初めに行う供養。多くは女子がつき初めを行う。
晩春のころ、寺々で行われる梵鐘ぼんしよう供養。和歌山県の道成寺どうじようじ、東京品川の品川寺ほんせんじのものなどが著名。 [季] 春。 《 品川の宿に古る寺- /今井つる女 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鐘供養の関連キーワード道成寺(能)紀州道成寺鐘(楽器)道成寺物木の間道成寺梵鐘供養乱離