コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑵子 カンス

大辞林 第三版の解説

かんす【鑵子】

つるのある青銅製・真鍮しんちゆう製などの湯釜。
関西で、羽のある真形しんなり型の茶釜。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鑵子の言及

【釜】より

…多くは鋳鉄製で,銅製もあった。江戸時代の《和漢三才図会》では,鼎(あしかなえ),釜(まろかなえ),鑵子(かんす),鍑(さがり)などの種類をあげている。鼎は足釜,釜は丸底の煮炊き用,鑵子は茶釜,鍑は懸釜のことである。…

※「鑵子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鑵子の関連キーワード釜・窯・缶・罐・竈・竃奈良県五條市近内町タテクリカエシ功子内親王鑵子転ばし小堀政方土肥二三文珠九助青銅茶鐺湯釜

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑵子の関連情報