鑵子(読み)カンス

大辞林 第三版の解説

かんす【鑵子】

つるのある青銅製・真鍮しんちゆう製などの湯釜。
関西で、羽のある真形しんなり型の茶釜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐す クヮン‥【鑵子】

〘名〙
① 弦(つる)の付いた湯釜。多く青銅または真鍮(しんちゅう)で作ったもの。
※太平記(14C後)二六「九輪の宝形一つ下して、鑵子(クヮンス)にぞ鋳(い)させたりける」
② 茶の湯で用いる。真形(しんなり)型の茶釜をいう。
※尺素往来(1439‐64)「焙燼者松材。茶臼者祇陀林。鑵子者葦屋

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鑵子の言及

【釜】より

…多くは鋳鉄製で,銅製もあった。江戸時代の《和漢三才図会》では,鼎(あしかなえ),釜(まろかなえ),鑵子(かんす),鍑(さがり)などの種類をあげている。鼎は足釜,釜は丸底の煮炊き用,鑵子は茶釜,鍑は懸釜のことである。…

※「鑵子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鑵子の関連情報