コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯釜 ユガマ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐がま【湯釜】

湯を沸かす釜。
蒸気機関車のかま。ボイラー。
[補説]地名別項。→湯釜

ゆがま【湯釜】

草津白根山頂にある火口湖。直径約300メートルで湖水は強酸性。付近に水(みずがま)・涸釜(かれがま)の二つの火口湖があり、いずれも有史以降、水蒸気噴火を繰り返している。ゆかま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の湯釜の言及

【白根山】より

…カルデラは,やがて現在の本白根山と白根山をつくる新期溶岩によって埋積された。その後白根山南東斜面に水釜,湯釜,涸(かれ)釜の3爆裂火口,白根山と本白根山との鞍部には弓池など多くの爆裂火口ができた。1805年(文化2)以来の噴火記録が残り,多くは湯釜が爆発しているが,1939年には弓池,76年には水釜でも爆発がみられた。…

※「湯釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

湯釜の関連キーワード四方竜文(初代)白根山(草津)白根山(群馬)堀山城(初代)熊野本宮大社大国 柏斎草津白根山細見古香庵角谷一圭大西定林西村道仁湯立神楽阿弥陀堂宮崎寒雉西村道冶高橋敬典酸栄養湖天明鋳物大国柏斎香取秀真

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯釜の関連情報