コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長与俊達 ながよ しゅんたつ

2件 の用語解説(長与俊達の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長与俊達 ながよ-しゅんたつ

1790-1855 江戸時代後期の医師。
寛政2年生まれ。長与専斎の祖父。天保(てんぽう)元年肥前大村藩(長崎県)の種痘(しゅとう)医を命じられ,古田山に疱瘡(ほうそう)収容所をひらく。嘉永(かえい)2年蘭医モーニッケから牛痘苗をえて,藩内に牛痘法をひろめた。安政2年2月26日死去。66歳。肥前大村出身。名は介。号は松移。著作に「昆氏病理学字彙(じい)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長与俊達
ながよしゅんたつ
(1791―1855)

幕末期の大村藩種痘医。大村藩医長与知正俊民の二男。名は介、号は松移。長与家は代々医を業とした。初め漢方、のち種痘に没頭。1830年(天保1)藩の種痘医を命じられ、1835年とくに命じて痘家とされた。1842年大村の南の古田山に病瘡(びょうそう)患者隔離収容所を開設。1849年(嘉永2)モーニケから牛痘苗を得て牛痘法を藩内に広めた(日本の先駆)。養子中庵が1841年没したため、孫の専斎(せんさい)を嗣子(しし)とし適塾に学ばせた。著作に『昆氏病理学字彙(じい)』がある。墓は東京都港区青山墓地と郷里の大村市にある。[末中哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長与俊達の関連キーワード三角了敬阿部古仙糟谷容斎神戸習悦行徳元穆佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone