コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長与俊達 ながよ しゅんたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長与俊達 ながよ-しゅんたつ

1790-1855 江戸時代後期の医師。
寛政2年生まれ。長与専斎の祖父。天保(てんぽう)元年肥前大村藩(長崎県)の種痘(しゅとう)医を命じられ,古田山に疱瘡(ほうそう)収容所をひらく。嘉永(かえい)2年蘭医モーニッケから牛痘苗をえて,藩内に牛痘法をひろめた。安政2年2月26日死去。66歳。肥前大村出身。名は介。号は松移。著作に「昆氏病理学字彙(じい)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長与俊達
ながよしゅんたつ
(1791―1855)

幕末期の大村藩種痘医。大村藩医長与知正俊民の二男。名は介、号は松移。長与家は代々医を業とした。初め漢方、のち種痘に没頭。1830年(天保1)藩の種痘医を命じられ、1835年とくに命じて痘家とされた。1842年大村の南の古田山に病瘡(びょうそう)患者隔離収容所を開設。1849年(嘉永2)モーニケから牛痘苗を得て牛痘法を藩内に広めた(日本の先駆)。養子中庵が1841年没したため、孫の専斎(せんさい)を嗣子(しし)とし適塾に学ばせた。著作に『昆氏病理学字彙(じい)』がある。墓は東京都港区青山墓地と郷里の大村市にある。[末中哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長与俊達の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ゲーテヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミアフェルディナンド3世[トスカナ大公]ウルストンクラフト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android