コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適々斎塾 てきてきさいじゅく

5件 の用語解説(適々斎塾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適々斎塾
てきてきさいじゅく

天保9 (1838) 年緒方洪庵が大坂に開いた蘭学塾。適塾,緒方塾ともいう。初め瓦町にあったが,同 14年過書町に移った。文久2 (62) 年洪庵が幕府の命で江戸に出るまで続いた。塾の蔵書は物理書と医学書だけであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てきてきさい‐じゅく【適々斎塾】

緒方塾(おがたじゅく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

適々斎塾【てきてきさいじゅく】

適塾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てきてきさいじゅく【適々斎塾】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

適々斎塾
てきてきさいじゅく

緒方洪庵(おがたこうあん)の蘭学(らんがく)塾。備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩士の三男に生まれた緒方洪庵は、大坂の蘭医中天游(なかてんゆう)、江戸の坪井信道(しんどう)に学び、さらに長崎遊学後、1838年(天保9)大坂・瓦(かわら)町に開業し、蘭学も教え始めた。その学塾を適々斎塾(適塾)といい、1843年船場過書(せんばかしょ)町に移転後大いに発展し、全国から多数の門人が参集し、その数は3000人を超えたという。門人には、村田蔵六(大村益次郎(ますじろう))、武田斐三郎(あやさぶろう)、佐野栄寿(常民(つねたみ))、菊池(箕作(みつくり))秋坪(しゅうへい)、橋本左内(さない)、大鳥圭介(けいすけ)、長与専斎(ながよせんさい)、福沢諭吉、池田謙斎(けんさい)らがある。幕末期の塾の教育の実状は「元来適塾は医家の塾とはいえ、其(その)実蘭書解説の研究所にて、諸生には医師に限らず……凡(およ)そ当時蘭学を志す程の人は皆此(この)塾に入りて其仕度をなす」(長与専斎『松香私志』)というごとく、技術・知識の学としての蘭学を学ぶという傾向が強くなった。建物は国の重要文化財、また「緒方洪庵旧宅および塾」として国史跡指定を受け現存する(大阪市中央区北浜三丁目)。[沼田 哲]
『緒方富雄著『緒方洪庵伝』(1942・岩波書店) ▽緒方富雄編著『緒方洪庵適々斎塾姓名録』(1967・財団法人学校教育研究所) ▽沼田次郎著『洋学伝来の歴史』(1960・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の適々斎塾の言及

【医学】より

…しかしその長は,やはり多紀家のものがあたった。蘭方系としては,江戸で伊東玄朴が開設した象先堂(1833),大坂で緒方洪庵による適々斎塾(1838),京都の新宮涼庭による順正書院(1839),さらに佐倉の佐藤泰然の順天堂(1843)などが知られている。 これらの背景には,江戸幕府政権のイデオロギー確立のための文教政策としての儒学センター昌平坂学問所の設置と,それにならっての各地での藩校の設置がある。…

【緒方洪庵】より

…塾は45年に過書町(現,大阪市中央区北浜3丁目。この建物は現存し史跡・重要文化財)に移るが,適塾(適々塾,適々斎塾)と称し,各地から入門者があり,姓名録に記名のあるのが612人,実際にはそれよりかなり多数の者がいたとされ,厳しさのなかに独特の教育が行われた。塾からは,大村益次郎,福沢諭吉,佐野常民,橋本左内,大鳥圭介,長与専斎,高松凌雲,池田謙斎らを輩出した。…

【適塾】より

…幕末の蘭医緒方洪庵の家塾。正式には適々斎塾といい,洪庵の号によったもの。1838年(天保9)洪庵は大坂の瓦町で医業を営むとともに,私塾を経営して子弟の教育にあたった。…

※「適々斎塾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

適々斎塾の関連キーワード緒方維文緒方弘国緒方緒方塾大神惟栄緒方三郎緒方城次郎緒方大象緒方黙堂緒方八重

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

適々斎塾の関連情報