コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長井真琴 ながい まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長井真琴 ながい-まこと

1881-1970 大正-昭和時代の仏教学者。
明治14年7月28日生まれ。昭和9年母校東京帝大の教授となる。戦後東洋大,京浜女子大の教授もつとめた。大正13年高楠順次郎らとパーリ語仏典の律の注釈書「サマンタパーサーディカー」の校訂に着手し,30年かけて完成した。昭和45年8月8日死去。89歳。福井県出身。著作はほかに「根本仏典の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長井真琴
ながいまこと
(1881―1970)

明治~昭和期、パーリ語学者、仏教学者。福井県の浄土真宗高田派の寺に生まれる。高楠(たかくす)順次郎に師事し、1907年(明治40)東京帝国大学哲学科卒業。19年(大正8)に同大学講師、27年(昭和2)に同助教授、34年に同教授となり、42年までパーリ語、インド仏教を講じた。律蔵注釈書『Samantapsdik』(ロンドンPTS刊)の校訂者として名高い。主著に『根本仏典の研究』(学位論文)、『独習巴利(パーリ)語文法』がある。[片山一良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長井真琴の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android