コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長円(1)(読み)ちょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長円(1) ちょうえん

?-? 平安時代中期の僧。
筑紫(つくし)の人。比叡(ひえい)山で日夜法華経読誦(どくじゅ)し,不動明王につかえて修行。のち葛城(かつらぎ)山での苦行のときや熊野から金峰山(きんぷせん)へいく途中で道にまよったときなどに,法華経の力と明王の霊験のあらたかさを感得したという。長久年間(1040-44)に没した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android