コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長円(1) ちょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長円(1) ちょうえん

?-? 平安時代中期の僧。
筑紫(つくし)の人。比叡(ひえい)山で日夜法華経読誦(どくじゅ)し,不動明王につかえて修行。のち葛城(かつらぎ)山での苦行のときや熊野から金峰山(きんぷせん)へいく途中で道にまよったときなどに,法華経の力と明王の霊験のあらたかさを感得したという。長久年間(1040-44)に没した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android