コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長城地帯 ちょうじょうちたいChang-cheng di-dai; Ch`ang-ch`êng ti-tai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長城地帯
ちょうじょうちたい
Chang-cheng di-dai; Ch`ang-ch`êng ti-tai

中国,長城線をはさんで,北方の遊牧民族と南方の農耕民族 (漢民族) との政治,経済,文化が交錯する地帯をいう。秦の万里の長城の位置は,現在の長城 (明代に完成) よりはるか北方にあったが,この両者にはさまれた帯状の山岳地域がこれにあたる。この地帯では先史時代から歴史時代にかけて,南北両民族の攻防戦が展開された。長城が造られたのもそのためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

長城地帯の関連キーワードオルドス青銅器ジャルトゥー綏遠青銅器水野清一江上波夫九辺鎮拓跋珪中衛北魏匈奴投下磨臼彩陶

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android