コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長島青雀 ながしま せいじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長島青雀 ながしま-せいじゃく

1821-1847 江戸時代後期の漢詩人。
文政4年生まれ。幼時から才女として知られ,江戸で日尾荊山(けいざん)に漢学を,梁川星巌(やながわ-せいがん)に詩をまなんだ。詩は「玉池吟社詩」「星巌集」などにおさめられている。弘化(こうか)4年4月21日死去。27歳。佐渡(新潟県)出身。名は環。字(あざな)は翠佩。通称はきし(喜志,奇詩)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長島青雀の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニボーキサイトハイネサン・レオンベリンスキーリベリアギリシア解放戦争バン=ファルケンブルグ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android