コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日尾荊山 ひお けいざん

美術人名辞典の解説

日尾荊山

儒者。名は定光、後に瑜、字徳光、通称宗右衛門。号に荊山至誠堂・直麿。武蔵秩父日尾村の人。亀田鵬斎に学ぶ。折衷学派。江戸神田に開塾。著書に『四書訓点』あり。安政6年(1859)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日尾荊山 ひお-けいざん

1789-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政元年6月15日生まれ。江戸で心学をまなぶ。学問は実践であり,実践は至誠に通じるとして神田に至誠堂をひらく。国書研究の必要性もとなえた。安政6年8月12日死去。71歳。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)出身。名は瑜。字(あざな)は徳光。通称は多門,宗右衛門。著作に「管仲非仁者弁」「四書折衷弁断」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日尾荊山の関連キーワード小川香魚日尾邦子長島青雀石城東山斎藤月岑日尾直子儒者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android