コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎たかな

デジタル大辞泉プラスの解説

長崎たかな

長崎県長崎市で生産される葉物野菜。葉は半月系に近く、やわらかい。栽培の歴史は古く、18世紀末の時代の漢方医、広川かい(「かい」の漢字表記はけものへんに「解」)の『長崎見聞録』にも記録が残っている。県により「ながさきの伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長崎たかな[葉茎菜類]
ながさきたかな

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
主に長崎市で生産されている。1797(寛政9)年刊の『長崎聞見録』にも記載がある。葉はちりめん状で細長く、葉脈や縁に紫色を帯びる。からしなの風味がし、浅漬け・本漬けや炒め物に利用される。秋まきは11月から3月にかけて収穫。ながさき伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

長崎たかなの関連キーワード長崎県長崎市