コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期営農継続農地制度 ちょうきえいのうけいぞくのうちせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長期営農継続農地制度
ちょうきえいのうけいぞくのうちせいど

面積が 990m2以上で,10年間営農を継続することが適当と認められた市街化区域内農地に対する固定資産税宅地並み課税を猶予する制度。これらの農地は,市街化区域にあっても,農地課税相当額の納税でもよいとされる。営農が続けられなくなると,原則として徴収猶予課税額のすべてをさかのぼって納付する。現行制度は 1982年に改正・施行されたが,5年ごとに営農継続の事実を確認しているにもかかわらず「偽装農地」のケースも多く,不公平税制としての批判が強く,生産緑地法の改正により 92年度から廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

長期営農継続農地制度の関連キーワード市街化区域内農地宅地並み課税

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android