コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期資本取引 ちょうきしほんとりひきlong-term capital transactions

1件 の用語解説(長期資本取引の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長期資本取引
ちょうきしほんとりひき
long-term capital transactions

対外資本取引のうち債権,債務の期間が1年をこえるものをいう。期間に定めがないものでも永続的,長期的性格を有する資産,負債の取引ならばこのなかに含まれる。おもな内容は,(1) 海外直接投資 (子会社の設立,既存企業への経営参加技術提携などを目的とする対外投資) ,(2) 延払信用や借款の供与ないし享受,あるいはそれらの回収ないし返済,(3) 株式,債券などの有価証券の売買,(4) 国際機関への政府出資などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone