コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本取引 しほんとりひきcapital transactions

5件 の用語解説(資本取引の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本取引
しほんとりひき
capital transactions

国際間の経済的取引のうち,有価証券の売買,資本の貸借その他債権・債務に関係する取引をさす。その内容はさらに取引の主体によって民間資本取引と政府資本取引とに分れ,投資期間によって長期資本取引短期資本取引とに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しほん‐とりひき【資本取引】

企業会計で、損益発生以外の原因によって純資産の増減をもたらす取引。
国際間の取引のうち、直接投資・延払信用・貿易信用・借款証券投資など対外資産・負債の増減をもたらす取引。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

資本取引

資本取引とは元本である資本などを増減させる取引のこと。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
会計用語キーワード辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しほんとりひき【資本取引】

国際間の有価証券の売買、資本の貸借その他、債権・債務に関係のある取引の総称。
資本の利益運用を原因とせずに、資本を増減させる取引。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本取引
しほんとりひき

資本金および資本剰余金に増減変化をもたらす取引であり、損益取引に対立する概念である。資本取引と損益取引を区分することは、二つの意味で重要である。一つは期首における元本とそれを運用して得られた果実としての利益の区分であり、これは今日の企業会計の目的は適正な期間損益計算にあるという観点から、もう一つは株主の払込資本留保利益の区分であり、これは企業の資本の源泉別の分類という観点から、それぞれ重要な意味をもつ。[万代勝信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の資本取引の言及

【外国為替及び外国貿易法】より

…すなわち,外為法1条は,(1)外国為替および外国貿易などの対外取引は原則として自由であること,(2)対外取引に対して規制を行う際には,必要最小限の管理または調整にとどめるべきこと,を明文化した。 以上の趣旨から,資本取引は原則として自由とされ,例外的に,有事規制が定められている。これらの例外的規制を発動するには,(1)日本の国際収支の均衡維持が困難である,(2)外国為替相場が急激に変動する,または,(3)大量の資金移動により日本の金融市場または資本市場に悪影響がある,という要件が必要とされている(第21条)。…

※「資本取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本取引の関連情報