コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長楽門院 ちょうらくもんいん

2件 の用語解説(長楽門院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長楽門院 ちょうらくもんいん

1283-1352 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇の中宮(ちゅうぐう)。
弘安(こうあん)6年生まれ。徳大寺公孝(きんたか)の娘。正安(しょうあん)4年従三位となり入内(じゅだい)。天皇の死により尼となり,延慶(えんきょう)3年院号をうけた。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年2月1日死去。70歳。法名は真実覚。名は藤原忻子(きんし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長楽門院

没年:文和1/正平7.2.1(1352.2.16)
生年:弘安6(1283)
鎌倉後期から南北朝期の女院。後二条天皇の皇后。名は忻子。太政大臣徳大寺公孝の娘。乾元1(1302)年入内し,翌年中宮となる。延慶1(1308)年,後二条天皇の死により出家。その2年後院号宣下。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長楽門院の言及

【徳大寺家】より

…笛を家業としたが,実能,実定などは和歌にすぐれ勅撰集に入集した歌人であった。第4代公継は承久の乱のとき,後鳥羽上皇を諫止したことで知られ,第7代実孝の女忻子は後二条天皇の皇后となり長楽門院の院号をうけている。 幕末より明治時代に活躍した実則(さねつね)(1839‐1919)は,侍従長,内大臣として,長い間,明治天皇の側近に仕え,1884年侯爵を授けられ,1911年公爵に昇った。…

※「長楽門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長楽門院の関連キーワード兼好大覚寺統北朝観応文和吉野朝時代包真(初代)友重(2代)根津小次郎卍庵士顔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone